千葉、作草部の鍼灸院|美容鍼、うつ治療なら轟はり灸治療院

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

美容はりについて

◎皮膚のお話し

2015/06/16

 

ここでは皮膚の働きについてお話します。

皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれており、表皮と真皮をあわせたものが皮膚の本体です。

表皮と真皮を合わせた厚みは0.4~1.5mm程度と薄く、とてもデリケートなため丁寧に扱わなければなりません。

強くたたいたり擦ったりするという行為は出来るだけ控えましょう。

 

≪表皮の役割≫

皮膚の中でも表皮はわずか0.3mm程度で、内側から「基底層」→「有棘層」→「顆粒層」→「角質層」と徐々に変化していき、最後は一番外側の角質層となり垢となって剥がれ落ちます。

新しい皮膚ができてから垢として剥がれ落ちるまでのサイクルは約28日で、これを“肌のターンオーバー”といいます。

しかしこの28日という周期はだいたい20歳くらいまでで歳をとるにつれてその周期は遅くなり、40代では約40日かかると言われています。

また、肌の一番外側にある角質層には角質細胞が積み重なっており、この角質細胞同士をくっつけているのがセラミドです。

このセラミドが角質細胞を十分にくっつけることによってバリアの働きをし、外からの刺激や肌の内側の水分が蒸発することを防ぎます。

 

≪真皮の働き≫

表皮を下から支えているのが真皮です。

コラーゲンとそれを繋いでいるエラスチンが皮膚の弾力性を保つために真皮内でクッションの役割を果たしています。

そしてこれらの隙間にはゼリー状のヒアルロン酸などが含まれ、肌の内側の水分を保つだけでなく、肌全体の潤いと柔軟性をもたらしています。

真皮の中には繊維芽細胞という美肌に一番重要な細胞が含まれており、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産または分解処理を行っています。

 

美容鍼で表皮、真皮に刺激をあたえることで肌の代謝が活性化され、ターンオーバーが早まり、美しい肌を実感できます。

ぜひ美容の参考にしてみてください!!

 

                                 

千葉の鍼灸院なら【轟はり灸治療院】

千葉市稲毛区で鍼灸院・心療内科をお探しなら【轟はり灸治療院】へ。 ⇒当治療院についてのご紹介ページへ進む。
産後うつや腰痛・ストレス等のマタニティーケアを始め、美肌改善を行う美容鍼、うつ病やパニック障害・自律神経失調症等の心のケアも行っております。また、お子様の夜泣きやぜんそく、アトピー等にお悩みでしたら小児はり治療もございますので、お気軽にご相談ください。徹底したカウンセリングで患者様ひとりひとりに合わせた丁寧な治療を行います。